Doorkeeper

WordPressセキュリティを考える会 第4回

2014-02-08(土)14:00 - 17:00

コワーキングスペース茅場町

東京都中央区新川1-3-4 PAビル5F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い

詳細

前回のおさらい:

wpdb::prepare とSQLインジェクションについて
WP3.5で、使い方が間違っている場合に「Warning: Missing argument 2 for wpdb::prepare()」を出すようになるが、ダミー引数で回避されてしまう

前半:

「WordPressのオプションテーブルとそのデータの更新」について

WordPressは、データベースに重要なデータを保存している。たとえば「サイトのアドレス」「新規登録ユーザーの権限」等。これらのオプション項目を更新する関数にupdate_optionがあるが、このupdate_optionは、現在ログインしているユーザーが管理者権限を持つかどうかをチェックせずに値を更新する。

ユーザー権限をチェックしないため、「update_optionをテーマのindex.phpファイルに記述して、(管理者でないユーザーが)トップページにアクセスする」という方法でも更新できる。

資料はスライドシェアWordPressセキュリティを考える会第4回

後半:

参加者で議論。
過去の議論例「SSL証明書の意義について」「脆弱性スキャニングツールについて。wp-scan, rips等」

その他のトピック候補:

All in SEO プラグインの有料版
自動アップデートとRC版(リリース候補)
など、メルマガ「 WordPress セキュリティニュース」で紹介した内容を、参加者の希望により、後半のディスカッションで取り上げるかもしれない。

主催者

水野 史土(みずの・ふみと)
レスキューワーク株式会社代表取締役。
PHP製オープンソースソフトウェアを用いたウェブサイト構築/サポート/診断を行っている。WordPress、FuelPHP、Novius OSなどのコミュニティで活動し、コアへのコード寄贈、日本語対応作業、ドキュメント翻訳、各種アドオン作成をしている。著書に徹底攻略 PHP5 技術者認定 [上級] 試験問題集 [PJ0-200]対応(共著)

コミュニティについて

WordPressセキュリティを考える会

WordPressセキュリティを考える会

WordPressは、オープンソースの CMS (コンテンツ管理システム) で、自由度/拡張性が高く、様々なウェブサイトを構築する事ができるため、世界で人気があります。 しかしその一方で、適切に使いこなすには、利用者に要求される知識や技術が多いです。 WordPressセキュリティを考える会では、 前半: 主催者によるプレゼン 後半: 参加者同士で議論する という形式で、WordPress...

メンバーになる